« 若田さん滞在延長中 | トップページ | キーーーーーーーーーーーン ! »

22日は日食だ!

いよいよ22日は日食です。

三沢航空科学館でも着々と観察の準備が進められています。

Eclipse01 

これが秘密兵器!「天体望遠鏡&太陽投影板」です

昨日、実験工房顧問のF内先生がつくってくださいました

Eclipse02  太陽を望遠鏡で見るのは危険なので、望遠鏡で集めた太陽の光を板に映し出して観察します。日食の日はこの丸い太陽の形がだんだん欠けてくるのが観察できるのです
Mirror  望遠鏡と投影板は準備するのが大変なので、ご家庭でもできる方法を一つ。まず15cmくらいの鏡を用意します。
Projection  で、鏡の角度を調整して壁に映すと・・・・・・。太陽の形が映ります。映す場所が近いと鏡の形(四角)に映ってしまうので、ちゃんと丸く映る遠目の壁に映しましょう。これも日食の日には欠けていく様子が観察できます。
Glass  手にはいるのなら日食観察メガネがお手軽ですね。全国的に品薄のようですが、三沢航空科学館にはまだいくつか残っています
pinholecamera00  他にも以前紹介したピンホール(小さな穴)を使った方法もお手軽です。箱じゃなくても、発泡トレー(スーパーのお肉とかが載ってるお皿)に0.2mm~1mmくらいの穴を開けて、穴を通った光を地面や紙などに映せば観察できます。(穴のあいたテレホンカードがあればそれが手頃なのですが、最近はあまりありませんね。)
Tray  穴は1つじゃなくてもいいので、「2009.7.22」の日付や絵などを穴で書いてみるのも面白いかもしれません。地面に映った日食の形が「2009.7.22」の形に並びます。

太陽の観察は間違った方法でおこなうと目を痛めてしまいますので、方法がよく分からない人は、ぜひ当日科学館までお越し下さい。専用のフィルターをつけた望遠鏡や双眼鏡も用意しています。

22日は三沢航空科学館で日食を見よう!

|

« 若田さん滞在延長中 | トップページ | キーーーーーーーーーーーン ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若田さん滞在延長中 | トップページ | キーーーーーーーーーーーン ! »