« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

かもめひこーき!

 雨が降ったあとは、虹がかかるといいます。

また、冬があれば春がきます。

私たちのできることから一歩一歩前に進んでいきたいと思います。

被災された方々には、心よりお見舞申し上げます。

 さて、筆者も最近研究中のはばたき飛行機ですが、

ついに、本物のかもめのようなものが開発されました。

http://www.youtube.com/user/FestoHQ

羽にねじりを加えてさらに、飛行能力をUpさせているのが特徴のようです。

(ちなみに、翼の最大長は約2m、重さは約500g、リチウムイオン電池使用)

これを参考に、、、作れたらいいんですが(汗

春休みも元気に青森県立三沢航空科学館へGO!

| | コメント (0)

科学館再開しました

昨日から科学館が再開しました。

科学館の被害は、実質的にはそれほど大きくありませんでした。

ただ、いくつかの展示が体験できなかったりします。

目当てに来てくれた人達、ごめんなさい。

しかし、混乱が無くなった訳ではないです。

三沢は、ガソリンが並ばずに買えるようになってきました。

開館しても、来館してくれる方が居るか心配でしたが

昨日、今日と予想を超える人数が来てくれました。

来てくれた子供たちの笑顔を見てると

元気が出てきます。

普段通りに回復するのは、いつになるかわかりませんが

来てくれた方が、少しでも元気になれるよう

がんばっていきますので

何卒よろしくお願いします。

| | コメント (0)

3D レイトン教授

先日発売されたニンテンドー3DS

メガネなしで3D映像が見られるってすごいなぁと思います。

そこで、みなさんにもニンテンドー3DSの「レイトン教授と奇跡の仮面」のすごさを見ていただきましょう!

Layton_3ds_01 

バーン!!

どうですか!?この立体感!!!

・・・・・・すいません。スタッフがレイトン教授のフィギュアを持っていたのでやってみたかっただけですcoldsweats01

では、気を取り直して・・・・・・

3Dテレビや3D映画など3D映像は、右目で右目用の映像を、左目で左目用の映像を、それぞれ見ることによって立体的に見える(ように感じる)のだそうです。

3DSは角度によって見える映像が違い、メガネなしでも右目用と左目用の映像を分けることができるようです。

この疑似3Dは道具が無くても体験することができます。

この方法には「交差法」「平行法」という二種類の方法があります。

「交差法」
Layton_3ds_02x 

交差法では右目で左側の画像を、左目で右側の画像を見ます。

画像をクリックして大きな画像が出たら、目をより目にして画像を見ると3DSが3つに見えてきます。あとはより目のままでまん中の画像に注目して焦点を合わせていくと立体的に見えるようになります。

「平行法」
Layton_3ds_02p 

平行法では右目で右側の画像を、左目で左側の画像を見ます。

画像をクリックして大きな画像が出たら、モニターの上からうしろの遠い壁を見て、そのまま画面に視線をおろしてきます。3DSの画像が3つに見えてきたら、そのままでまん中の画像に集中していくと立体的に見えるようになります。

どちらの方法も画面に近づきすぎてもいけませんので、40~50cm離れて練習してみてください。

もっと詳しい方法は「立体写真の見方」などで検索してみてください。

どうしてもできない人のためにおまけです。

Layton_3ds_03  画像をクリックすると、なんとなく立体的に見える?

3Dの展示も考えてみたい三沢航空科学館へGO!

| | コメント (0)

静電気!!

3月の実験ショーは

ビリビリビリでででで電ビリビリんんんビリ(((゚Д゚;))))))

ビリビリビリんんビリビリ気気気気!!

皆さんに楽しんでもらう実験ショーなんですが、

スタッフはどの器具触ってもパチパチして・・・

あまり好きではない・・・

ショーはとっても楽しいよヽ(´▽`)/

静電気を見たり!感じたり!!\(;゚∇゚)/

三沢航空科学館で、僕と握手!バチッ!ギャッ!!

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »